I-O DATA USB 2.0/1.1対応ポータブルハードディスク 500GB(ホワイト) HDPS-U500

I-O DATA USB 2.0/1.1対応ポータブルハードディスク 500GB(ホワイト) HDPS-U500

I-O DATA USB 2.0/1.1対応ポータブルハードディスク 500GB(ホワイト) HDPS-U500説明

以下に適合します: . モデル番号を入力してくださいこれが適合するか確認:HDD-E転送方式:USBI/Fの有無:なし

軽くて丈夫なUSB接続のポータブルハードディスクです。軽くて手軽に使えるポータブルハードディスク、しかも耐衝撃設計だから、学校へ会社へとデータを持ち歩きたい方にぴったり!

I-O DATA USB 2.0/1.1対応ポータブルハードディスク 500GB(ホワイト) HDPS-U500口コミ通販

今までBUFFALOの「巻きピタ」を250、320Gと用途に応じて使い分けてきたが、今回500Gでしかも安かったのでI-O DATAを購入してみた。BUFFALOとの違いは2つ。一つ目は、BUFFALOでは付属ソフトが入った状態で出荷されているのに対し、本品はそういったソフトはすべてインターネットでお好みに応じてダウンロードするという扱いになっている。二つ目は、私のBUFALLOの320GBが実質、2本目の給電ケーブルを使用しないと安定動作しないのに、IODATAの500GBはUSB一本で安定動作するという点で、これはたまたまそういうハズレがあたっただけかもしれないが、IODATAの方に軍配をあげたい。そもそも、BUFFLOは給電ケーブルも標準でついてくるのに対し、IODATAが別売扱いしていることからIODATAの自信を伺わせる。USB端子を2つも占有するというのは、かなりがっかりするので、ますます、IODATAが好きになった。「巻きピタ」とか派手なアピールはないけど質実剛健がお好きな方むけだ。

人に勧められてこれを選びました。ただつなぐだけですぐ使えて、結構使ってますが性能は安定してるし、持ち運びも便利でお気に入りです。記録媒体はある程度以上よいものでないと危険ですので、この製品はいいと思います。またこのメーカーのものを買うつもりです。

iMacMA876J/A Intel Core 2 Duo/OS:Leopardで使用中です。購入間もないので耐久性などはレビューできませんが使用感は今の所問題ありません。付属の解説書ではマックの場合、起動ディスクとしては使用不可となっていますがI-O DATAのページの仕様詳細ではIntelマックのみ起動ディスクとして可と表記されているので起動ディスクとして使用してみましたがこれも問題なく起動。Timemachineにも使えるのでバックアップ用にもおすすめです。アクセスですがUSB接続なのでFireWire800よりはあきらかに遅いのですがそれほど苦になるほど遅くもないと思います。音もほとんど気にならない程度だと思えます。(ほぼ無音。アクセス時にブーンという小さくうなる程度)ただUSBからの電源なのでアクセスが他のアプリと重なるなどした場合、速度が体感的に遅くなるような気がします。(動作が不安定になるという事はありませんが)そういった症状回避のためにも別売りの電源ACアダプター5V USB-ACADP3 と一緒に購入をおすすめします。

I-O DATA USB 2.0/1.1対応ポータブルハードディスク 500GB(ホワイト) HDPS-U500

I-O DATA USB 2.0/1.1対応ポータブルハードディスク 500GB(ホワイト) HDPS-U500はこちら

タイトルとURLをコピーしました