I-O DATA DTCP-IP対応ハイビジョンレコーディングハードディスク「RECBOX」 3TB HVL-AAS3

外付けハードディスクドライブ

I-O DATA DTCP-IP対応ハイビジョンレコーディングハードディスク「RECBOX」 3TB HVL-AAS3

I-O DATA DTCP-IP対応ハイビジョンレコーディングハードディスク「RECBOX」 3TB HVL-AAS3説明

以下に適合します: . モデル番号を入力してくださいこれが適合するか確認:P.when(“ReplacementPartsBulletLoader”).execute(function(module){ module.initializeDPX(); })■好きな番組やジャンルごとにフォルダーを分けたり、番組のタイトルを編集するなど、自分好みに録画番組をきっちり管理できます。■TV録画対応の外付けHDDやTVに内蔵のHDD、レコーダー等で録画した番組をRECBOXにダビングし保存可能。TV録画対応の外付けHDDやTVに内蔵のHDDに録画した場合、録画に使用したTV以外では再生できませんが本商品にダビングするとDTCP-IP対応TVであればTVが変わっても再生可能。■東芝ハイビジョン液晶テレビ〈レグザ〉やソニー〈ブラビア〉等が再生に対応。テレビがDTCP-IPに対応していない場合でも、PlayStation(R)3(※)等で保存したハイビジョン番組の再生が可能です。※アイ・オー独自の検証結果。PS3(R)はファームウェアを最新の状態にしてください。■「自動ダビング」(自動ダウンロードムーブ機能)により、「nasne(ナスネ)(TM)」および「ブルーレイディーガ」「アクオスブルーレイ」など対応機器の録画番組を、RECBOXにユーザーの操作なしでダビングすることができます。インターフェイス:1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T付属品:LANケーブル、ACアダプター、電源コード(PSE適合品)、取扱説明書(必ずお読みください、設置・使用ガイド)、エンブレムシール対応OS:Windows 10 バージョン1507-May 2019 Update(バージョン 1903)/8.1/8/7、macOS 10.8-10.14、iOS 8.0-12.3、Android 4.4-9.0対応機種:テレビやキャプチャー、チューナーなど、対応確認済みのデジタル録画機器、再生機器、ムーブ機器本体サイズ:168(W)×138(D)×45(H)mm本体重量:1100g表示件数を増やす

[特長]テレビで録画した番組を家じゅうどこでも楽しめるハイビジョンレコーディングハードディスク3TBです。 [保証/サポート] ハードウェア保証(1年間)インターフェイス:1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T付属品:LANケーブル、ACアダプター、電源コード(PSE適合品)、取扱説明書(必ずお読みください、設置・使用ガイド)、エンブレムシール対応OS:Windows 10 バージョン1507-May 2019 Update(バージョン 1903)/8.1/8/7、macOS 10.8-10.14、iOS 8.0-12.3、Android 4.4-9.0対応機種:テレビやキャプチャー、チューナーなど、対応確認済みのデジタル録画機器、再生機器、ムーブ機器本体サイズ:168(W)×138(D)×45(H)mm本体重量:1100g記録容量3TB

I-O DATA DTCP-IP対応ハイビジョンレコーディングハードディスク「RECBOX」 3TB HVL-AAS3口コミ通販

2019年モデル4TBを購入しましたが、結論を1行でまとめて書きます。■コンテンツ管理システムにフォルダ・ファイル消失の不具合バグがあります以下、詳細。2016年モデル使用者の方も同様のレビューを挙げていますが、コンテンツ管理内で録画ファイルをフォルダ間移動させると、システム上からエラーログが残らないまま全ファイルが消失します。2016年モデルでの問い合わせでは、対応機種の問題でサポートから切られていますが、コンテンツ管理でフォルダ→recorded直下に生成した親フォルダから、内部の小フォルダと全ファイルコンテンツごと全て突然消えます。特殊記号などなしで、映画など分類フォルダに子のシリーズ名のフォルダ、録画ファイル全てです。なお、消えた親フォルダは購入直後に生成してずっと置いておいたものです。2016年モデルのレビューにある通り本当にスーッと消えます。TVやレコーダーなど関係なく、コンテンツ管理のシステム内にバグがあるようです。recorded直下にダビングしたときまではファイルは存在し再生もできます。コンテンツ管理で生成したフォルダに移動、又は移動して一定期間後にランダムで消えます。REGZAで見たい方はフォルダ管理したときにLANコンテンツがそのままフォルダ管理で反映されますが、上記バグの理由からフォルダ管理は推奨しません。また、コンテンツ管理内検索したファイルはフォルダ移動ができないので実質フォルダ管理は労力の無駄です。DIGAではネットワーク再生時にはLANDISKのフォルダ管理は無視されるのでフォルダ管理自体無意味です。また、DIGAへの複数取り込みはコンテンツ管理内検索から各シリーズ全選択して取り込んでから、ファイル編集すればいいのでフォルダ管理してからDIGAへムーヴさせる必要もありません。つまり、REGZAでも、DIGAでも、コンテンツ管理でフォルダ生成管理は百害あって一利なしです。SONYでどうなるかは今後REGZAで録り貯めたコンテンツをDIGAで処理してからにかかっています。総評としては、LANDISKはコンテンツの各機器のやり取りに使うものであって、LANDISK自体に録画コンテンツは管理・再生・バックアップするものではないです。TVでHDD録画してHDD積み上げた人は、最終的にはLANDISKを通して、レコーダ機器にムーヴさせるまで、あるいは、編集してBDに焼くまでは、TV録画したHDDのダビング10で残ったオリジナルは消去しないようにしたほうがいいです。LANDISK自体にバックアップやクローン機能はありますがシステムそのものに欠陥あるので、冗長性は破綻しているのでLANDISKで集局してコンテンツ管理・再生・バックアップはしないように。あと、LANDISKというかネットワーク再生時はどのメーカー機器も等速再生なので再生機器としても微妙。ネットワーク時の録画表示や再生機能も各メーカー微妙なので本当に機器間のやり取りだけって感じですね。4TBを購入して一気にダビング、各種レコーダーにムーヴしましょう。また、冬で室温20度時のLANDISK内のHDD温度は50度、ファン3000rpmなので耐久性は2-3年でしょうね。DTCP-IPというか、TV録画のコンテンツ間を各メーカー機種間やりとりできるまともなのがLANDISKしかない。という現状が10年ぐらい続いている時点で、もうこういった商品は終わった感があるなと感じました。

テレビの録画用USBがいっぱいになったので、こちらを購入し、ハードディスクを8Tに交換し利用しております。今までのテレビ用は2Tが最大だったので、今までの4回分ぐらいは入るのでありがたいです。

RECBOXとしては7~8年ぶりの追加購入です。初期のRECBOXのHDDが怪しくなってきたので、退避と更新を兼ねて購入しました。本体は初期と比べるとずいぶんとコンパクトになり、縦横置くスペースの自由度が増したのは助かります。スカパープレミアムの録画蓄積用として使用し、ムーブでDVDやBDに焼く時だけレコーダに転送するという使い方をしています。録画や転送に関しても大きなGUI仕様変更もなくそのまま使えるのは便利です。DTCP-IPでの再生についても、初期型との大きな違いはPS3やPS4でもちゃんと再生できるようになった点でしょうか。(以前は「データが壊れています」とか「このフォーマットに対応してません」で再生できないことがしばしばでしたが)2TBあればよほど困らないので2TBをモデルを購入。過去のRECBOXで頻繁に録画・ムーブをしていると容量空いてるのにムーブに失敗したりと、デフラグが必要ではないのかと思うこともありあまり大容量のは敬遠しているのもありますが・・・。壊れてもいい前提であとでフォルダ整理するならもっと大容量でもいいのでしょうか。心配な場合は、本体に購入日とか記しておくのも大事ですね。怪しい動作をしたときに気づいたら8年近くたっていたということが今回のきっかけだったので、HDD関連の製品には購入日のラベルを貼りました。

面倒な接続設定もなく、REGZA 37Z9000で使用できました。追記SONYのPCTVplusをデスクトップPCにインストールして、当該機からデスクトップPCのブルーレイドライブでダビングしています。とても便利です。

NASのテレビ録画に特化した商品。以前のHDL-A2.0からの乗り換え。基本操作は(ネットワーク録画)HDL-A2.0とほとんど変りませんがHDL-A2.0がNASとしての機能(バックアップなど)も充実したオールマイティ機能だったのに対して本機はほぼテレビ録画のみの限定機能の商品です。しかもHDL-A2.0でダウンロード可能だったDixim Tv Plusが無いので実質PCからは視聴出来ません…。また、ネットワーク機器なのでseeqvaultも使えません!現在は後継機としてDRが販売されてDTCP-iPの問題を解決しようと(2台接続)してる様ですが?2013年?以前のテレビや録画機器の著作権(コピーガード)はDTCP-IP対応と書いてあっても?難しい様です。私の場合、テレビはREGZA 37Z1録画機器はDIGA DMR-BW680と古くてどんなに頑張っても?録画番組の相互やり取りは出来ません!!本機はREGZA 37Z1のみに相互やり取りが可能です。しかし、本機からBlu-rayに焼くにはDMR-BW680では?古くて出来ません!(新しいDIGAなら可能)本機を買った理由は?将来(今年?)4K対応のテレビや録画機器に交換した場合に本機に保存してる録画番組をBlu-rayに焼くつもりでREGZAにつないだHDDの補助的な使い方です。

I-O DATA DTCP-IP対応ハイビジョンレコーディングハードディスク「RECBOX」 3TB HVL-AAS3はこちら

タイトルとURLをコピーしました