BUFFALO ターボUSB機能/省電力モード搭載 USB2.0用 外付けHDD 1.0TB HD-CE1.0TU2

BUFFALO ターボUSB機能/省電力モード搭載 USB2.0用 外付けHDD 1.0TB HD-CE1.0TU2

BUFFALO ターボUSB機能/省電力モード搭載 USB2.0用 外付けHDD 1.0TB HD-CE1.0TU2説明

以下に適合します: . モデル番号を入力してくださいこれが適合するか確認:HDD-E転送方式:USBI/Fの有無:なし

ターボUSB機能/省電力モード搭載 USB2.0用 外付けHDD 1.0TB

BUFFALO ターボUSB機能/省電力モード搭載 USB2.0用 外付けHDD 1.0TB HD-CE1.0TU2口コミ通販

ツンデレ!?1.(遅延書き込み?)データの紛失でリコール。といっても、ファームウェアの更新で対応するとの事。2. 同じ型番でも、本体色黒 HD-CE1.0TU2 のみ(本体色白 HD-CE1.0TU2-WH は大丈夫らしい。)、リコール対象。3.本体色黒の HD-CE1.0TU2 でも、14桁のシリアル番号(HDD本体の底に書いてある)が、7ではじまるもののみ、データ紛失の可能性が高い。4.本体色黒、7で始まる14桁シリアルのものでも、ファームウェアを、HD-CEU2_Rev304JPというものに、アップデートすれば、とりあえず大丈夫らしい。5.ファームウェア HD-CEU2_Rev304JP は、バファローさんのサイトからダウンロード出きる。  6. ( Windows Vista では、)ファームウェアのバージョンの確認は、[コントロールパネル]―>[システム]―>[デバイスマネージャ]―>[ユニバーサルシリアルバスコントローラ]―>[USB 大容量記憶装置(TurboUSB)]ー>[プロパティ]―>[詳細]―>[プロパティ]―>[ハードウェア ID]として、[値] の 1行目が、USB¥VID_0411&PID_0105&REV_0300または、[値] の 2行目が、USB¥VID_0411&PID_0108になっていれば、ファームウェアは、アップデートされている。7. ファームウェアの更新後、もし可能ならば、HD-CE1.0TU2 を フォーマットしたほうが、より安心らしい。

REGZA Z3500用に使用していた500GBアイオーHDDが昇天したため替わりに購入しました。容量半分の先代は一年半前に1万数千円でしたが、あっという間に1TBがこの価格になり、ただただ驚くばかりです。現在のところREGZAでの認識、録画、再生にまったく不具合なしで気に入っていますが、星ひとつ減は縦型だからです。テレビ台は天井が低い場合があり、この製品も設置に少し苦労しました(先代アイオーと比べて50mm以上背が高いです)。マニュアルに「本製品を横置きしないでください。故障およびデータの消失の原因となります。」とあり、設置場所の高さがないからといって寝かせるわけにもいかないようです。REGZA用に購入される方は設置場所の高さを測ってからの方がよいでしょう。

なんの問題もなくiMacの外付けHDとして使用しています。ただ最初に送られてきたセットの電源ユニットが不良でしたが対応が早くすぐに代わりのものが送られてきて出品者の誠意が感じられました。同型の製品をだいぶ前から使用しておりそちらも含めてこの製品に対しての不満点はありません。とはいえスペックがUSB2.0なのでそれで良ければの話ですが。

データ容量か大きすぎないものは問題なく早く書き込めますが、大買い物の書き込みは時間がかかります。また一年くらいで認識しなくなり、ダータ復活ソフトも使いましたがデータの取り出しはできず、キットを購入し直接繋ぎましたがそれでも無理でした。

2年保たずに壊れました。過去に使っていたどのHDDより保たず。同時に同商品を購入した夫は2週間でデータが全部飛びました。スイッチがない外付けは壊れるのが早い気がします。IOデータと迷ってBUFFALOを購入しましたが、IOデータにすればよかったと後悔。これくらいの価格なら仕方ないかも知れないけれど。IOとBUFFALOとWDの各外付けHDDを試した結果、個人的にはWDが一番良いと感じました。

BUFFALO ターボUSB機能/省電力モード搭載 USB2.0用 外付けHDD 1.0TB HD-CE1.0TU2

BUFFALO ターボUSB機能/省電力モード搭載 USB2.0用 外付けHDD 1.0TB HD-CE1.0TU2はこちら

タイトルとURLをコピーしました