BUFFALO ハードウェア暗号機能搭載 USB3.0用 外付けHDD 2TB HD-LX2.0U3D

外付けハードディスクドライブ

BUFFALO ハードウェア暗号機能搭載 USB3.0用 外付けHDD 2TB HD-LX2.0U3D

BUFFALO ハードウェア暗号機能搭載 USB3.0用 外付けHDD 2TB HD-LX2.0U3D説明

この商品について以下に適合します: . モデル番号を入力してくださいこれが適合するか確認:P.when(“ReplacementPartsBulletLoader”).execute(function(module){ module.initializeDPX(); })■対応OS(Windows):Windows RT8.1/RT/8.1/8/7/Vista■対応OS(Win Server):Server2012R2/2012/2008R2/2008/2003R2/2003■対応OS(Mac):Mac X 10.10/10.9/10.8■インターフェース:USB3.0/2.0■転送速度(規格値):USB3.0:最大5.0Gbps、USB2.0:最大480Mbps■電源:AC100V 50/60Hz■最大消費電力:18W■エネルギー消費効率:B区分0.0037■外形寸法(幅×高さ×奥行):39×123×189mm※本体のみ(突起部除く)■重量:約1kg■動作環境:温度5~35℃、湿度20~80%(結露なきこと)■グリーン購入法(2011年4月改定):対応■RoHS基準値:準拠■主な付属品:USB3.0ケーブル A to B(1m)、ACアダプター、取扱説明書表示件数を増やす

ハードウェア暗号機能搭載 USB3.0用 外付けHDD 2TB

BUFFALO ハードウェア暗号機能搭載 USB3.0用 外付けHDD 2TB HD-LX2.0U3D口コミ通販

商品としては一般的な外付けHDDと同様と思います。問題は暗号化機能を有効化にして使用する際外付けHDDを操作していないと5分くらいで自動的に電源がオフになってしまうため、その度にパスを入力しないといけないということです。(おそらく一部のPCのみの現象と思われる)これがどうしても使いずらかったため、ネットで外付けHDD 電源が切れると検索し、試行錯誤した結果レジストリの変更を行い、電源が切れることはなくなりました。そのため現在は文句があまりないのですが、電源が切れる場合があることの説明や、対応策がレジストリを弄るなど危険なことをしなくてはいけないため、特にこの暗号化ソフトに関しては☆1をつけたい気分です。商品は悪くないので間を取って☆3ということで、同様の現象が起きている人は注意しながら設定したほうがいいです。

パソコンデスクの引き出しの中に入るサイズだったので、縦置きで使用しています。絶対に他人に見られたくないデータなどを保存したくて購入しました。PCに接続した際に暗証番号を入力しないとHDDの中身が見れない『ハードウェア暗号機能』を活用して現在に至りますが、安心して使用しております。予備機として、もう一台購入を考えているところです。

データの種類毎に4つの外付けハードディスクに分散保存しています。それらのバックアップ用として購入しました。月一度のバックアップ作業(更新データのみ)時にのみ電力ONにするので、普段使い用の外付けハードディスクよりは通電時間は短いです。使い方しだいで何年かはもつと思いますが、耐久性の評価は難しいです。しかしながら、この製品のサイズが小さめ、駆動音もほとんど聞こえないくらいなので、大容量でこの価格は魅力です。

仕事用PCのバックアップ用HDDを8年ぶりに買い換えました。バックアップの速度は格段に速くなり、静粛性はほぼ無音に感じるレベルです。唯一手間だったのは電源がACアダプターになったためUPSの差込口を他の機器と入れ替える必要が合った位です。

以前も、同じBUFFALOのハードディスクを使用し、10年が経過しておりますので購入に関して、殆ど迷いはありませんでした。デザインも良く、置き方も自由に選択できる点が気に入っております。ただ、折角、冷却ファンが付いているのですが、使用して数ヶ月が経過しますが、作動している所を確認できません。まあ、冷夏が続いておりますのでファンが作動する必要が無いかも知れませんが。とりあえず安心できる製品だと思いますよ。

BUFFALO ハードウェア暗号機能搭載 USB3.0用 外付けHDD 2TB HD-LX2.0U3Dはこちら

タイトルとURLをコピーしました