I-O DATA 東芝[レグザ]対応 USB 2.0/1.1接続 外付型ハードディスク 2TB HDC-EU2.0K [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]

外付けハードディスクドライブ

I-O DATA 東芝[レグザ]対応 USB 2.0/1.1接続 外付型ハードディスク 2TB HDC-EU2.0K [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]

I-O DATA 東芝[レグザ]対応 USB 2.0/1.1接続 外付型ハードディスク 2TB HDC-EU2.0K [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]説明

この商品について以下に適合します: . モデル番号を入力してくださいこれが適合するか確認:P.when(“ReplacementPartsBulletLoader”).execute(function(module){ module.initializeDPX(); })東芝ハイビジョン液晶テレビ〈レグザ〉からの直接録画に対応した外付型ハードディスクです。ケーブルをつなぐだけの簡単接続に加え、〈レグザ〉のリモコンで簡単に地デジ番組の録画・再生が可能対応機器:東芝ハイビジョン液晶テレビ〈レグザ〉、東芝ハイビジョンレコーダー〈ヴァルディア〉、シャープ製液晶テレビ「アクオス」LV3ライン/LX3ライン ※詳細はメーカーホームページにて主な付属品:USB 2.0/1.1ケーブルA-B(1m) 1本、ACアダプター製品外形寸法:約42(W)×185(D)×120(H)mm (本体のみ)対応OS:Windows 7(32・64ビット)/Windows Vista(32・64ビット)/Windows XP/Windows 2000 Professional/Mac OS X 10.1~10.6※サポートソフトは全てWindowsのみ対応。

HDC-EUKシリーズは、東芝<レグザ>からの直接録画に対応したハードディスクです。東芝<ヴァルディア>や東芝レグザチューナー、PS3 地デジレコーダーキット「torne(トルネ)」にも対応。また、PCで使う方のために、マッハドライブ製品版を無償ダウンロード提供いたします。 ※ レグザ A2シリーズには対応していません。

I-O DATA 東芝[レグザ]対応 USB 2.0/1.1接続 外付型ハードディスク 2TB HDC-EU2.0K [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]口コミ通販

2012年に外付けHDDを初購入したのがこの機種。この度天寿を全うしたのでコメント。使用用途は動画の保存だったのでほぼ毎日書き込みしていたが5年目遂に読み込みが遅くなったのでデフラグを掛けたのが運の尽き、そのまま終了しなくなって強制終了したら逝ってしまいました。HDDは他にもバッファローとフルーコムを購入してますがこれより前に買ったHDDのI-O DATAがまだ生きてるのでまだI-O DATAに6年目突破を期待してます。

色々調べたのですが今のところ容量に対してもっとも価格が安い商品の1つかと。素人なので参考になるかどうかは判りませんが環境はWindows XP SP3 Core2Duo メモリ2G BTOのPCで使用しています。難しい設定は一切ありませんでした、USBと電源をPCにつなぐだけ(その後の電源のON、OFFはPCが立ち上がればONに切ればOFFに自動的になります。)転送速度は1G約1分くらいで特に早くもなく遅くもなくといったところでしょうか(環境にもよるでしょうしあくまで目安で)読み込み中、書き込み中は多少カリッカリッという音がしますが、余程神経質な方か、または余程静かな部屋でなければ気にならない程度だと思います、自分は全然気になりません。さらに言えば相当静音設計のPCでなければPCの音にかき消される程度だと思います。注意点としては商品画像3枚目を見てもらえればわかると思うのですが、排熱の穴?が上に開いており、ホコリがたまりやすいです、しかも、若干斜めに開いているので毛の長いホコリ取りじゃないと取れにくいです。「レグザ」からの直接録画に対応した外付型ハードディスクとありレグザをお持ちの方であれば、これまたUSBと電源をさして、あとは説明書通りの非常に簡単な動作で録画、視聴はできますが、PCに詳しい人であれば当たり前のことなのかもしれませんが、その録画したものをPCに繋いでPCで再生というのはできません。(方法はあるようですが随分難しいみたいです。)4G以上の大きなデータをあつかう場合(あわせて4Gではなく単体(1つ)の大きさとして)最初は「FAT32」というフォーマットになっています。このフォーマットだと4G以上のファイルは扱えません。もしも4G以上のファイルをあつかう予定があればハードディスクをPCに繋げてからマイコンピューター → ハードディスクのところで右クリック →フォーマットでファイルシステムを「NTFS」にしてフォーマットしてから使用して下さい。わからなければ「外付けHDD 4G以上」 で検索すればやり方を解説したサイトが沢山出てきますので参考にしてみて下さい。あとみなさん気にされているフラストレーション・フリー・パッケージのことですが当たり前といえばそうですが、そんなにガタガタ揺れたり、動いたりしないようにしっかり固定はされているので、余程乱暴に扱わない限りそれほど気にすることはないかなあ、と自分は思いました(感じ方の個人差は当然あると思いますが・・・)最後にこれも運不運などあるとは思うのですがメーカーとしてI-O DATAはわりと好きです。というのも10年以上使っているI-O DATAの外付けHDDが未だ現役で動いているからです。(もちろん大事なデータは適宜バックアップを取りながらですが)以上長くなりましたが参考になれば。

パソコン用としても、USB3.0やネットワーク対応が不要であればこれを使うのもひとつの手です。極論ですが・・・HDDはいくら高価なものを購入したとしても、すぐもっと高性能で大容量なものがさらに安い価格で出てきますし、所詮消耗品なのでそのうち壊れます。なので私は高価な機種は使わず、安くて大きめのUSBタイプを複数用意して、パソコンの大事なデータは多重化して保管しております。そういう使い方をするには、この機種は安くて容量があり最適だと思います。またフラストレーション・フリー・パッケージですが、以前量販店で買った同等のメーカー純正品と比較してみましたが、違うのは段ボール部分の品質と印刷くらいで、サイズも構造もほぼ同じでさらに内部はメーカー品と同等に、梱包材によるしっかりとした耐衝撃措置がしてあります。私は段ボールの処分が面倒で、なるべく余計な箱は無いほうがありがたいのでこの形式も全然OKだと思っています。

 REGZAにつないで使用していましたが,2年近く過ぎたところで次第に動作が不安定になりました。 初期化したところ,いったん使えるようになりましたが,容量の10〜20パーセントくらいしか使えない状態に也,その後,再び不安定になり,ついには,まったく操作を受け付けなくなりました。 Amazonのレビューを読んでみると,現在,高い評価と低い評価が混在しています。製品としてその出来にかなり「むら」があるものだと思います。外付けのHDDというものがそういうものなのか,このIOというメーカーのせいなのか,テレビの録画に使用するという使用方法のせいなのか,故障の原因を知りたく思います。 実は,この製品を購入してから,レビューをチェックしていました。故障等の報告も多く,不安を感じていたのが,現実となってしまいました。(そう考えますと,Amazonのレビューにはなかなか侮れないものがあります。) ちなみに,この製品より以前に購入したバッファローのHDDは,いまだに動いております。

レグザの外付けHDDとして使っています。最初は、まったく問題なく使えていました。購入して5年以上経っていますが、最近は残り録画時間が10時間くらいなのが影響しているのか、録画中にカツン!! カツン!!と異音がすることがあります。異音がした時、30%程の確率で録画が停止したり、停止に至らなくとも録画されたものの音声に異常が発生することがあります。しっかりと検証をしたわけではありませんが、空き容量が少なくなっていることと、録画中に録画済のものを再生しているのが原因だと思われます。残り録画可能時間が30時間あれば、問題なかろうと思います。ダブル録画をする場合は、外付けHDDが二つあったほうがいいです。1台で2番組を同時録画すると、きちんと録画されない場合があるかもしれません。

I-O DATA 東芝[レグザ]対応 USB 2.0/1.1接続 外付型ハードディスク 2TB HDC-EU2.0K [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]はこちら

タイトルとURLをコピーしました