IODD2531黒/USB 3.0/2.5インチ外付けハードディスクドライブ/仮想ODD機能/ブート/OSのインストールが瞬く間に![Virtual ODD&HDD / 2.5′ Enclosure]

外付けハードディスクドライブ

IODD2531黒/USB 3.0/2.5インチ外付けハードディスクドライブ/仮想ODD機能/ブート/OSのインストールが瞬く間に![Virtual ODD&HDD / 2.5′ Enclosure]

IODD2531黒/USB 3.0/2.5インチ外付けハードディスクドライブ/仮想ODD機能/ブート/OSのインストールが瞬く間に![Virtual ODD&HDD / 2.5′ Enclosure]説明

この商品について以下に適合します: . モデル番号を入力してくださいこれが適合するか確認:P.when(“ReplacementPartsBulletLoader”).execute(function(module){ module.initializeDPX(); })マニュアル(ボックスに同梱されていない)とファームウェアのダウンロード:http://iodd.kr/wordpress/product/iodd-2531/ISOファイルを選択してブートするため、ブート可能ODD(DVD、ブルーレイROM)として認識しました。ライトプロテクト /WinToGo /自動スリープ /安全な取り外し /ファームウェアアップデータVHD – 仮想ハードディスクイメージ=>物理ドライブ全体のアルミボディのデザインは、エレガントで外部からの衝撃やHDDの輻射熱に対して効果的です。

ZM-VE300の互換性 – iodd2531はVE300の拡張バージョンです。 Widows To Go – あなたは、HDDまたはVHDからWin2GoやLinux、Mac OSのを起動することができます。 ブータブル仮想ODD – それは物理的なCD / DVD /ブルーレイROMとして認識されています。 ブータブル仮想HDD – VHDまたはVMDKから物理的なHDDやリムーバブルドライブとして認識。あなたは、最大4つの仮想ドライブを(同時に、あなたも書き込み保護機能を使用することができます)を使用することができます。 VHD-ツール++は(あなたがダウンロードすることができ、上記のリンクからREADMEファイルを参照してください)​​仮想HDD用の専用プログラムです。 ブータブル仮想FDD – 物理的なFDDとして認識が、古いコンピュータは動作しません。 オートスリープ – 自動的に(不使用の10分後)。 安全除去する – ホットキーは、HDDをスピンダウンすることができます。

IODD2531黒/USB 3.0/2.5インチ外付けハードディスクドライブ/仮想ODD機能/ブート/OSのインストールが瞬く間に![Virtual ODD&HDD / 2.5′ Enclosure]口コミ通販

USB2.0モデルを使っていましたが、故障したため本機を購入しました。物理メディア(CD, DVD, Blu-ray)が不要になることにメリットを感じる方は買って損はしません。仕事柄、OSや様々なプログラムのインストールをやることが多いのですが、すべてISOファイルにして本機に入れておけば管理が楽ですし、物理メディアよりも圧倒的に読み込み速度が速いので、作業時間も大きく短縮できます。今どきはOSに仮想ドライブ機能がついているので、アプリケーションのインストールに関してはもうあまり優位性はありませんが、OSインストール時には依然として圧倒的な優位性を感じます。パネル操作できるタイプのケースもありますが、あまり評判がよくない&高価なので、以前からの操作性の本機を選択しましたが、相変わらず使い勝手はイマイチで、わかりづらいです。「物理メディア(CD, DVD, Blu-ray)が不要になること」以外に取柄はないと割り切って購入したほうが良いです。厳しいことも書きましたが、やっていることが特殊すぎるのか、特許などの知的財産の関係なのか、同様の機能を持つHDDケースは他社にはないので、やめずに作り続けてほしいです(笑)。

ISOファイルはもたくさん認識でき、vhdも認識できます。パーティションは1つ目だけがISOの対象ですがドライブとしては2つ目も認識できていて読み書きできます。ボタン操作についてはブート機能を頻繁には使わないので忘れてしまうことが難点です。消費電流が多いかもしれません。セルフパワーのUSB3ハブで使えないことが多いです。内部をHDDからSSDに変えても同じです。半年くらい経ってLCDに縦の縞ができてきました。ここは表示されなくなりますので増えてくると困ります。時代遅れで耐久性のないLCDを使っていることに問題を感じます。ほかの部品の耐久性はどうなんだろう。ISOを収納することからかなり長期の寿命が必要な気がしますけど。3年近く経って、フォーマットを促されるようになり、データが見られなくなりました。データーが飛んだのかと思ったのですが、他のケースに入れると読めました。基板が壊れたと思ったのですが、ボタン長押ししてメニューを出してみるとモードが変わっており、結論は内部の設定情報が飛んで、HDDが見られない設定になっていたようです。

パソコンメンテナンスをするのに診断用のソフトの入ったブータブルUSBやブータブルディスクが複数あるのですが、これのお陰で一つに整理することができました。しかも光学ドライブでディスクから起動するよりも明らかに高速でブートできるので大満足です。ただ、一つだけ不満があります。それは本体横の「ジョグダイヤル」です。これのプッシュの利きが悪かったです。上下の反応は問題ないのですが、プッシュするときは少し手前に持ち上げながら押さないと反応してくれませんでした。これはたまたま不良だったのか、そもそもそういうものなのかわかりませんが、一応使えるのでそのまま使用しています。よって、機能的には大満足なんですが、ジョグダイヤルの利き悪さで★4つとしました。

HDDではなくSSDを装着して、これまたNVME SSDを搭載する自作PCへのOSの新規インストールや、アプリのインストールに使用しています。従来の光学メディアからのインストールに比べて、当然ながら爆速で非常に重宝しています。私はずいぶん前からPCを自作してきました。Windows3.1が登場する少し前くらいからなので、1990年くらいでしょうか。インストールメディアも、MS-DOSの頃はフロッピーディスク、その後Windowsの登場とともにCD-ROMになり、現在はDVD-ROMですね。そして今や仮想ODDですか。USBインターフェイスは、そろそろ USB3.1 Gen2へ、いやいっそThunderboltに対応して欲しいところですが、どうやらiodd自体の運営が怪しい感じなので、後継機はもう期待薄ですかね。

説明書は英語で、しかもセットアップの説明があまり書かれておらずセットアップに手間取りました。「1st Partition EE」と表示される場合は、以下をお試しを。ただ、製品それ自体は素晴らしいです。フォーマット形式はMBR(読込上限2T)。その後wondows(DOS) のdiskpartコマンドで、アクティブにすること。

IODD2531黒/USB 3.0/2.5インチ外付けハードディスクドライブ/仮想ODD機能/ブート/OSのインストールが瞬く間に![Virtual ODD&HDD / 2.5′ Enclosure]はこちら

タイトルとURLをコピーしました