I-O DATA LAN&USB接続対応ハードディスク「LAN DISK」2.0TB HDL-CE2.0S

外付けハードディスクドライブ

I-O DATA LAN&USB接続対応ハードディスク「LAN DISK」2.0TB HDL-CE2.0S

I-O DATA LAN&USB接続対応ハードディスク「LAN DISK」2.0TB HDL-CE2.0S説明

この商品について以下に適合します: . モデル番号を入力してくださいこれが適合するか確認:P.when(“ReplacementPartsBulletLoader”).execute(function(module){ module.initializeDPX(); })転送方式:Ether/USBI/Fの有無:なし

PCはもちろん、スマホからのアクセスにも対応したイメージバックアップソフト付きLAN接続HDDですiPhone、iPad、Android端末からのリモートアクセスに対応自宅のNASに保存した動画、音楽、写真、文書ファイルなどを外出先のスマホ、PCで楽しめます

I-O DATA LAN&USB接続対応ハードディスク「LAN DISK」2.0TB HDL-CE2.0S口コミ通販

同じ I-O DATA 社製の1ドライブNAS HDL-A をメインに使っているが、今回、緊急避難として似た製品の必要に迫られて購入。容量やスペックが同程度の BUFFALO 社製品と検討したが、価格面でこちらを選択。以下、HDL-A との比較を中心に気づいた点など。●アクセス速度は遅い。 ギガビットLAN 環境下ではあるが、当然、HDL-A よりも、書き込みも読み込みも遅い。 USB モードでなく、LAN モードでも、計測値は半分以下。 このクラスの製品では普通の速度。予想していたとおり。●最初のセッティングには、必ずしも USB 接続する必要なし 製品を取り出して、最初のセッティングには、USB 接続しろ、と説明書にある。 しかし、いきなり、直接 LAN 接続して、その機器の IPアドレスを打ち込むと、LAN で(ブラウザ上で)セッティングできる。 IPアドレスが不明なら、メーカーが配布する「Magical Finder」の「ブラウズ」で本体を探せる。「Magical Finder」そのものは、相当、以前のモノでも、別の NAS に付属しているものでもイイはず(当方は、HDL-A を導入した3年前にインストールしたものをそのまま使用)。●Mac と Windows とのファイル(フォルダ)共有の注意点 HDL-A を利用していたので、何も考えずに、Mac&Windows 間でファイル共有できるだろうと考えていたが、ダメだった。 ちゃんと説明書に書いてある通り、Mac から本製品内の共有フォルダにアクセスするには、いつもの「ゲスト」でなく、本製品に登録してある ID とパスワード(デフォルトでは「admin」「(空)」)で接続しなければならない。 Mac から通常の「ゲスト」でサーバ接続してフォルダを作ってしまうと(ファイルコピーも同じ)、Windows からはそのフォルダ(ファイル)にセキュリティ上の制限がかかり、読み書きできない。 なお、通常の「ゲスト」で接続して作成したフォルダは、後からも、その接続方法でないと、削除や変更ができない(共有フォルダそのものの削除は、本体のセッティング機能で可能)。●1ファイルに何故か、1メガバイトの容量を消費する どんなに小さなファイルでも、ディスク上の占有域は1メガ単位となる。ファイルサイズそのものは問題なし。 実用上、問題になることはないと思うが、数メガしかない筈の共有フォルダが、プロパティのディスク上のサイズが1ギガ近くあったのには、驚いた。●iTunes サーバーで配信できるファイル数の制限 実際に試してはいないが、説明書によると、HDL-A と同じように、10,000 本以下で運用しろ、とあった。●背面の USB ポートで、容量の追加はできない 実は、これが一番、ショックだった! 確かに、そんな機能のことはどこにも書かれていないが、背面に USB ポートがあるだけで、HDD を接続して、容量を増やせると勝手に思ってしまっていた。 このポートは、「バックアップ」と「net. USB」のためのものに過ぎない。 HDL-A は、2つのポートがあるが、これは1つしかない。通常使用時に背面のポートを抜き差しはしないので、バックアップ専用か、net,USB 専用にするかしかないと思う。●おまけソフト「Acronis True Image 2013」は、お得 windows 8 には未対応、というのが正式発表だが、今の所、普通に使えている(実際にこれのお世話にはなっていないので、詳細不明)。 システムまるごとバックアップなら、フリーの「EaseUS Todo Backup」でもイイが、細かな設定がフルにできるのが嬉しい。…といった感じ。正直、製品そのものは昔のものですが、まぁ、通常使用するのに、何の問題も感じない。星5つでないのは、もっと価格が下がれば、なお、良いと思うので…。

子供が大学入学で一人暮らしを始め、ノートPCに保存する勉強用ファイルのバックアップ用に購入しました。有線のネット回線があるアパートだったので、無線ルータを購入し本品を接続、robocopyコマンドを使用したbatファイルでバックアップ出来るようにしました。本品の旧タイプを仕事で4年程トラブル無しで使用出来ているので、今回こちらを選択しました。子供はMSのOffice関連ファイル位しか扱わず、外出先からのアクセスもしないので、転送速度に不満を感じません。USB接続の外付けHDDのようにノートPCにバックアップの度に接続を意識しなくてよいのが便利です。

転送速度がとにかく遅くて、ちょっと実用的ではなかったです。日常的にiTunes、iPhoto、写真アプリのライブラリ保存先、各種データのバックアップとして使いました。扱うデータが1点あたり4〜5MBと大きめで、かつ結構まとめて扱うという使い方が、ちょっと向いてなかったみたいです。SnowLeopardとYosemiteで試しましたが、Yosemiteでは特に「これ固まった?」と心配になるくらいの遅さです。とはいえ価格が安価なので、使い方次第では悪くないんだと思います。

以前からこのシリーズの1.0TBの物を使用しておりましたが、私の管理が悪く壊れてしまったのでこの商品を再度買いました。USBポートにバックアップ用のバードティスクを付けられ、設定により定期的にバックアップしてもらえるので気に入っております。壊れた時点でも、最新のデータがバックアップされていたため、データを失うこともありませんでした。設定も簡単ですし、ネットワーク上に置けるため、色々な所からアクセスできるのも魅力です。

欲しいと思って購入しましたが、意外とLAN DISKとしては耐久性に乏しかったため、今は当初とは違った利用をしています。

I-O DATA LAN&USB接続対応ハードディスク「LAN DISK」2.0TB HDL-CE2.0Sはこちら

タイトルとURLをコピーしました