バッファロー BUFFALO 2.0TB HD-LB2.0U3/YC [ドライブステーション 冷却用ファン搭載 USB3.0 外付けハードディスク ]

外付けハードディスクドライブ

バッファロー BUFFALO 2.0TB HD-LB2.0U3/YC [ドライブステーション 冷却用ファン搭載 USB3.0 外付けハードディスク ]

バッファロー BUFFALO 2.0TB HD-LB2.0U3/YC [ドライブステーション 冷却用ファン搭載 USB3.0 外付けハードディスク ]説明

本製品は、最大転送速度(規格値)5Gbpsの高速インターフェース「USB3.0」を搭載。さらに添付のソフトウェア「ターボPC EX2」との組み合わせにより、外付けHDDへのデータ保存・データコピーを効率化できます。スピードモード、セーブモード、バランスモードの3つのモードから、作業環境に最適な転送方法を選べます。 ■スピードモード 高速書き込みでデータの保存・コピーにかかる時間を短縮したいときに使います。USB2.0モデル(ターボPC EX2 OFF)と比べて、約5.2倍の高速化できます。 ■セーブモード データを圧縮してコピーすることにより、ハードディスクを約20%多めに使えます。 ■バランスモード コピーするファイルにあわせて、スピードモード/セーブモードを自動切り換えします。 ※Buffalo ToolsはWindowsのみ対応となります。 テレビやゲーム機につないで楽しさ広がる ・外付けHDDへの録画に対応するテレビと接続して、本製品に番組を録画・再生することができます。 ・外付けHDDへの録画に対応するレコーダーと接続して、本製品に番組を録画・再生したり、レコーダー内のHDDから番組をムーブしたりすることができます。 ・外付けHDDをPlayStation3に接続すると、さまざまな機能が使えるようになります。 2つの節電機能で、家計と環境にやさしい 【スーパーecoで電源連動OFF時の消費電力を大幅削減】 テレビなどの家電製品と接続した場合の電源連動OFF時に無駄に流れていた電気をカットし、欧州の厳しい待機電力基準をクリアした「スーパーeco」機能を搭載。約90%(※テレビの電源ON時の本製品の消費電力と、テレビの電源OFF時の消費電力を比較。)の低消費電力化に成功し、待機時消費電力を抑えることが可能です。本製品のスーパーeco機能は自動で待機時の消費電力をカットする機能のため、パソコンに取り付けても動作可能です。 【HDDの消費電力が約3分の1に】 HDDは読み書き時を中心にアクセスするため、パソコン使用時の大半は待機状態となります。付属ソフトウェア「ecoマネージャ」は、一定時間データの転送がない待機時に、HDDの回転を停止し“省電力モード”に切り替えます。“省電力モード”時は、通常待機(アイドル)時と比べ、電力消費を最大68%カット。複数台接続時は個別に設定することも出来ます。本製品は、環境にも家計にもやさしい外付けHDDです。 バッファローのHDDは高速化とecoで快適さが違う パソコンをより快適にお使いいただけるよう、バッファロー社が周辺機器総合メーカーとしての実績を生かし、ソフトウェア集バッファローツールズを開発。データの保存、データのコピー、バックアップを高速化する他、省電力化など便利なソフトウェアも含めた総合快適化ソフトウェア集です。 ※バッファローツールズはWindowsのみ対応となります。

バッファロー BUFFALO 2.0TB HD-LB2.0U3/YC [ドライブステーション 冷却用ファン搭載 USB3.0 外付けハードディスク ]口コミ通販

バッファロー BUFFALO 2.0TB HD-LB2.0U3/YC [ドライブステーション 冷却用ファン搭載 USB3.0 外付けハードディスク ]はこちら

タイトルとURLをコピーしました