I-O DATA 外付けHDD ハードディスク 4TB テレビ録画 SeeQVault ディーガ推奨 日本製 土日サポート AVHD-URSQ4

外付けハードディスクドライブ

I-O DATA 外付けHDD ハードディスク 4TB テレビ録画 SeeQVault ディーガ推奨 日本製 土日サポート AVHD-URSQ4

I-O DATA 外付けHDD ハードディスク 4TB テレビ録画 SeeQVault ディーガ推奨 日本製 土日サポート AVHD-URSQ4説明

この商品について以下に適合します: . モデル番号を入力してくださいこれが適合するか確認:P.when(“ReplacementPartsBulletLoader”).execute(function(module){ module.initializeDPX(); })[特長] 新規格「SeeQVault」に対応したテレビ録画用の高信頼外付ハードディスク。24時間連続録画に対応。[容量/対応OS] 4TB / Windows(10/8.1/8/7)[対応TV] 東芝「レグザ」/ Panasonic「ビエラ」/ SHARP「アクオス」「ICC PURIOS」/ SONY「ブラビア」/ 三菱「REAL」/ 日立「Wooo」[対応レコーダー] 東芝「レグザブルーレイ」/ Panasonic「ディーガ」/ ソニー「ブルーレイディスクレコーダー」 / シャープ「アクオスブルーレイ」 / 三菱「REALブルーレイ」[サイズ/重量] 約215(W)×187(D)×35.5(H)mm(ゴム足を含む) / 約1.4kg[付属品] USB 3.0ケーブルA-B(約1.5m)、ACコード(約1.5m)[保証/サポート] 1年間 / 平日はもちろん土日も電話サポート対応機種・パナソニックプラズマテレビ/液晶テレビ「ビエラ」・東芝ハイビジョン液晶テレビ〈レグザ〉・シャープ液晶テレビ「アクオス」・シャープ液晶テレビ「ICC PURIOS」・ソニー液晶テレビ〈ブラビア〉・三菱液晶テレビ〈リアル〉・日立液晶テレビ「Wooo」※ハードディスクの容量によって、対応機種が異なる場合があります。【レコーダー】動作環境:USB 3.0もしくはUSB 2.0ポート Standard A ポートを装備した機種(USB 3.0もしくはUSB 2.0インターフェイス製品を装備した機種を含む)【テレビ】使用温度範囲:5~40℃表示件数を増やす

24時間連続録画に対応した高基準の品質検査をクリアしたAV用ハイグレードカスタムハードディスクを採用! デジタルハイビジョン映像の美しさを高画質のまま、長時間安定して録画できます。「SeeQVault」対応機器であれば、接続機器が替わっても録画番組を引き継げるので、テレビ・レコーダーの買い替えや万が一の故障の時も安心です。※録画番組を引き継げるテレビ・レコーダーはSeeQVault(シーキューボルト)に対応しているものに限ります。また、対応の詳細については各メーカーごとに異なります。動作環境:USB 3.0もしくはUSB 2.0ポート Standard A ポートを装備した機種(USB 3.0もしくはUSB 2.0インターフェイス製品を装備した機種を含む)【テレビ】対応OS(日本語版のみ):Windows 10/Windows 8.1/Windows 8/Windows 7対応機種・パナソニックプラズマテレビ/液晶テレビ「ビエラ」・東芝ハイビジョン液晶テレビ〈レグザ〉・シャープ液晶テレビ「アクオス」・シャープ液晶テレビ「ICC PURIOS」・ソニー液晶テレビ〈ブラビア〉・三菱液晶テレビ〈リアル〉・日立液晶テレビ「Wooo」※ハードディスクの容量によって、対応機種が異なる場合があります。【レコーダー】外形寸法:約215(W)×187(D)×35.5(H)mm※ゴム足を含む使用温度範囲:5~40℃質量:約1.4kg※本体のみ

I-O DATA 外付けHDD ハードディスク 4TB テレビ録画 SeeQVault ディーガ推奨 日本製 土日サポート AVHD-URSQ4口コミ通販

東芝テレビ REGZA 55BZ710XのUSBハードディスク録画に使用。SeeQVault対応なら、将来接続する機器が変わってもそのまま使えるので便利だと思って購入しました。ところが、SeeQVault規格を全然理解していませんでした。録画した機器以外に接続して「そのまま使える」のは再生だけなんですね。てっきり録画もできると思ってましたが、録画できるようにするには接続する機器に登録する必要があります。登録すると当然フォーマットされるから、今まで録りだめておいたテレビ番組はきれいサッパリ消えてなくなります。どうかみなさん、私みたいに勘違いしないようにしてくださいね。

「メーカーより」の欄ででかでかと「Panasonicディーガ、ビエラ推奨HDD」とうたってあったので、Panasonicビエラのテレビに買い替えたきっかけで、こちらを購入し、テレビに繋げました。 1週間で10数番組録画しましたが、ことごとく、途中で、静止状態になり、モザイク状態になり、音声が途切れ、と、まともに観れませんでした。もちろん電源リセット等、考えられることは何度もしましたが、改善しません。 メーカーに、初期不良ではないかと問い合わせましたが、「返品には応じかねます」「テレビで使えないならパソコンで使ってください」など散々な対応。しかも「『ディーガ、ビエラ推奨』をうたっているのは、Amazonが勝手に作って広告しているだけで、当社は存じません」とのたまった。しかしメーカーHPには、Amazonに載せているのとまったく同じ広告がでかでかと載っているという笑えない話。 Amazonカスタマーセンターに問い合わせたら、すぐに「返品と交換、どちらにしますか?」と神対応。 メーカーの対応にほとほと嫌気がさしていたため、返品をお願いして、別メーカーのものを注文しました。 ほんとに、最悪なメーカーです。ビエラ推奨ってうたうのは、ほんとにやめてほしい。

SeeQVault対応なので購入しました。P社ビデオにつないでいます。しかし、通常のHD機能の「番組のまとめ」はSeeQVaultフォーマットではできません。なので、通常のUSB-HDとして使うことにしました。ドラマを撮りためているため、この「まとめ機能」なしでは、使い勝手が悪いからです。なので、SeeQVault対応のメリットは全く生かせていません。しかし、その他にもアダプター内臓タイプなので、コンセント周りがすっきりしているのも買いの理由です。以前、初めて購入した外付けの電源タイプのbaffaloのHDは何も考えずに電気屋で購入しましたが、アダプター内臓でコード周りがすっきりしていたのでそれが当たり前だと思っていましたが、2TBが普及してきて、WD社のものをお店の人にすすめられて購入したら、デカイアダプターがついていて、2TBファイルが整理できても、コンセント周りが整理できないということがあり、がっかりしたことがありましたので、このファン付アダプター内臓というのはかなりポイントが高いです。amazonでしか買えないもっと割安な商品もありましたが、画面検索でぐぐったら、デカイアダプターだったので、こちらの商品を選びました。(SeeQVault対応でもなかったし)アマゾンさんはどれも商品の筐体ばかり紹介してますが、コンセント部分の写真も載せてほしいです。ぐぐって確認する時間をロスすることを避けられます。

表題の件ですが、私は録画用のHDDをI-O DATA製の物で統一しているので、そのラインナップにおける唯一の選択肢という意味であります。一応他社製品との比較でも魅力を感じて購入した訳ですが、BUFFALOなど他社の物も含めて検討する場合は参考までに。I-O DATAから発売されている録画用HDDは複数有ります。このレビューを書いている2019年2月現在、現実的な選択肢はこの「AVHD-URSQシリーズ」と、もう一つ「AVHD-AUTBシリーズ」の2系統に絞られます。(他の物は持ち運び仕様だったり、作りが簡素なタイプだったりするので)【 「URSQ」と「AUTB」の違い 】「URSQシリーズ」はSeeQVault対応故に少々割高なので、特に必要ないので安い「AUTBシリーズ」の購入を検討したのですが、仕様を調べてみると、単にSeeQVaultの対応以外にも違いが色々有り、一旦踏みとどまることに。「AUTBシリーズ」が割安なのはSeeQVault非対応な点だけではなく、実はその他の作りが色々違っていた訳です。判明している「URSQシリーズ」との違いを列挙してみると・・・・電源を内蔵しておらず、アダプターが必要(URSQはケーブルなのでスッキリする)・サービスコンセントが無い・スタック出来ない・主電源ボタンが無く、電源を完全オフに出来ない・ファンレス構造になっている等の違いが有りました。ファンレス構造に関しては一概には善し悪しを論ずることが出来ないのでここでは触れません。個人的には、アダプター形式である点と、スタックが出来ない点が問題です。アダプターはコンセント付近がかさばるし、スタックが出来ないとコンパクトに設置できません。また、主電源ボタンが無いので、使用しない際の待機電力を抑えるためにはアダプターを抜くしか有りません。この様に、「URSQシリーズ」に対する「AUTBシリーズ」は、単にSeeQVault非対応である以外にも、色々作りが簡素になっている廉価版という印象を受けました。これら細かい作りの違いを考慮すると、例え若干割高でも「URSQシリーズ」の方が満足できると判断し、こちらを購入しました。なお、レコーダーなどに接続して登録する際、SeeQVaultとして使うか、それとも一般的な録画HDDとして使うかを選べるので、必ずしもSeeQVault仕様で使う必要は無く、柔軟に運用可能です。ちなみに、本体前面の電源ランプの色変更機能とアクセスランプは、マイナーチェンジの際に無くなった様ですね。色変更はともかく、アクセスランプは有った方が良いので、ここだけは少々残念です。(「AUTBシリーズ」にも当然ですが無いようです。)【 実際に使用してみて 】私は東芝の「DBR-T2007」に接続して使用しています。登録時にSeeQVaultとして使うかどうかを選べるのは前述の通りですが、途中で切り替える際は一旦フォーマットが必要になるのでご注意を。SeeQVault仕様で使用すると、いくつか制約が出てくるのですが、これらの制約はSeeQVaultという規格に起因する物と、レコーダー本体の仕様に起因する物の2種類有ると思われるので、ここでは詳細は省きます。ただ、レコーダー本体のHDDや他のUSB-HDDとの間での相互ダイビング(ムーブ含む)や、BDディスクへの書き出しなど、一通りの機能は問題有りません。SeeQVaultとして使う予定の方は、規格の概要や、レコーダー側の関連する仕様などを事前に確認しておきましょう。【 総評 】前述の様に、「AUTBシリーズ」との違いは、単なるSeeQVaultへの対応だけに止まらず、作りが上質な上位製品としての位置づけになっています。なので、機能の違いを確認し、場合によってはこの「URSQシリーズ」の購入も検討してみましょう。非SeeQVault仕様としても使えますし、SeeQVaultとして使えば機器の買い換えの際に安心です。

AVHDシリーズ購入7台目です、新設されたシーキューボルトなのはいいのですが仕様変更(劣化)について言わせて下さい。電源ランプのタッチセンサー輝度調節、カラー変更がなくなっています。表面の出っ張りはただのダミー。アクセスランプが消失しています。読み書き状態の判断が出来ません。歴代シリーズではフォーマットする場合、対象の機器がペカペカ光って瞬時に判別できるようになっています。このモデルは出来ないので複数繋いだまま選択すると誤って違う機器を初期化してしまう事故にも発展します。ON-緑、OFF(待機モード)-赤、電源スイッチがあるのにOFF表示のランプって意味あるのでしょうか?残すべきところはそこじゃない気がしますよね。※写真に今までのものと新型を並べました。種類を統一してるユーザーにとってはこうゆうマイナーチェンジはとても迷惑です。

I-O DATA 外付けHDD ハードディスク 4TB テレビ録画 SeeQVault ディーガ推奨 日本製 土日サポート AVHD-URSQ4はこちら

タイトルとURLをコピーしました