【日本正規代理店品】Drobo 5C 外付けHDDケース(3.5インチ×5bay) Beyond RAID USB 3.0(Type-Cコネクター搭載) PDR-5C

外付けハードディスクドライブ

【日本正規代理店品】Drobo 5C 外付けHDDケース(3.5インチ×5bay) Beyond RAID USB 3.0(Type-Cコネクター搭載) PDR-5C

【日本正規代理店品】Drobo 5C 外付けHDDケース(3.5インチ×5bay) Beyond RAID USB 3.0(Type-Cコネクター搭載) PDR-5C説明

この商品について以下に適合します: . モデル番号を入力してくださいこれが適合するか確認:P.when(“ReplacementPartsBulletLoader”).execute(function(module){ module.initializeDPX(); })接続インターフェイス : USB3.0(Type-Cコネクター)×1最大使用可能容量 : 64TB(最大ボリューム数 1)内蔵バッテリー : 停電時の自動シャットダウン対応サポートOS: Win 7/8/8.1/10 (32/64bit),Mac OS X 10.10以降ファイルシステム : Windows : NTFS/Mac OS X:HFS+電源電圧 : 100V-240V,50/60Hz付属品 : USB3.0(A-C)ケーブル×1、電源アダプター/ケーブル×1、簡易マニュアル、保証書保証 : 1年間対応HDDサイズ3.5インチ表示件数を増やす

Drobo 5CはUSB3.0(Type-Cコネクター搭載)接続対応のBeyond RAID機能搭載HDDケースです。SATA接続3.5インチHDDや2.5インチSSD(3.5インチ変換アダプターが必要)を最大5台まで搭載可能で、コンピューターとDroboをダイレクトに高速接続でき、外付けHDDと同じ感覚で手軽に大容量ストレージを導入できます。■Beyond RAID独自技術である「Beyond RAID」により、異なるメーカー・容量のHDDを自由に組み合わせが可能です。■簡単・快適操作Droboシリーズの設定は専用ソフトウェア「Dorobo Dashbord」を使います。グラフィカルな画面で、ストレージの設定が初めての方でも簡単・快適に操作可能です。■高速USB3.0インターフェース搭載Drobo 5CはUSB3.0の高速インターフェースを搭載しており、大容量データもストレスなく転送可能です。■同梱物本体、USB3.0(A-C)ケーブル×1本、電源アダプター×1個、電源ケーブル×1本、クイックスタートガイド、保証書対応HDDサイズ3.5インチ

【日本正規代理店品】Drobo 5C 外付けHDDケース(3.5インチ×5bay) Beyond RAID USB 3.0(Type-Cコネクター搭載) PDR-5C口コミ通販

ディスクが足りなくなったので購入しましたが、1. データをコピーしていますが、たびたび本機がPC(Windows7)から見えなくなる。2. 転送速度が非常に遅い。一番遅いときで10MB/S以下になるということで現在のところとても使える状態ではなく、最低評価とさせていただきます。ライブでのディスクの追加、ディスクのサイズの混在は問題なく、この点については良いです。=====================補足です。通常のUSB Type-Cのケーブルは差込に向きがないのですが、droboの場合は向きによってはスピードが遅くなるらしいですが、どちらもためしてみましたが、スピードはほとんどかわりません。また、私のPCのUSBポートが悪いかも知れないと思い、USB3.1の拡張ボードを購入して確認しましたが症状は変わらずです。

容量の違うHDDを使い始めてからでも柔軟に追加、変更できるのは便利。最初手持ちの2TBHDDを入れて、容量が足りなくなってから8TBに変更するなどができるので、初期コストを抑えつつ、特価などがでたときにHDDを追加するなどができる。HDDが万一故障した場合でも、同一容量でなくてもよいので、いっそのこと大容量にするなど、便利に運用可能。ただ、日本の代理店が提供する延長保証が高すぎる。 USでのメーカー延長保証の2倍以上する。Doroboのユーザー登録をすると英語で、安い保証の案内がメールで来るが、箱には日本の代理店の延長保証(2倍以上)の案内があり、メールをみると、日本の保証に登録する気が失せる。6万円の商品に2年で2万円の延長保証は高すぎる。

噂に聞いていたDroboが機能限定版でお安く!ということで飛びついて購入してしまいましたSSD追加できる機能やらなんやらが削られていますが、上位機種を使ったことがないし素人が家庭で使うぶんには全く何も気になりません。早速、昔のクズHDDから良さそうなものを何台か見繕って選んで突っ込んでみたところ、待っているだけで使えるようになりました。5ベイもあるとはいえ5ベイしかないので、あんまり極端に小容量なHDDを入れるのは勿体無い気がします。<使ってみて気づいた注意点>(1)HDD構成は完全に自由だが、何も考えなくてもいいワケではない 最大容量のHDDは実効容量計算から除かれてしまうので、 小容量HDD複数台構成に大容量HDDを1台だけ追加すると実効容量が全く全然1メガも増えないということにも 小容量HDD構成に大容量HDDを追加するには1台だけではダメ、最低2台セットで入れましょう(2)HDDを追加したら専用フォーマットでフォーマットしないと使えないので、フォーマットしてもよいHDDをつっこみましょう(3)専用フォーマットなのでDrobo本体が壊れたときは・・・?保障もあるけど、どうするか考えておきましょう

Drobo 5Dが壊れてしまい、対応を悩んでいたところ5Cがタイムセールで安くなってたので衝動的に購入。届いてみて、5DからHDDを抜き出しセットアップしてもHDDを認識しない。正規代理店のWEBサイトを確認したら5D→5CへのHDDの載せ変えは非対応だった。 血の涙を流しながら、5DAを購入。そちらで問題なくHDDの入れ替え完了。ただ、データの破損が大きく読み込みしかできなかったので、5CにHDDを足してバックアップ。5DA側はフォーマット、データ戻しという対応。確認不足で購入した5Cですが、最終的には5Cのお世話になりました。ただ、Droboを使用するにあたりあまり考えたくはなかった『DroboのバックアップはDrobo』というのを地で実行した。Droboのバックアップをできるだけ安価におこなうなら5Cの存在はありがたい。5CのUSB3.0より5DAのThunderbolt2の方が速かったが、普通の使用をするならば安価な5Cでも十二分だと思う。

Seagate BarraCuda 8TB 3台で使用開始。最初に12TB程度のデータを転送しました。平均で36MB/s程度しか出なかったため、大変時間がかかりました。通常のRAID5ならパリティ生成などは専用チップが面倒見てくれるのでしょうけど、Droboはソフトウェア処理なのではないかと。5cはエントリーモデルなので、値段が安い分CPUが弱いのだと思います。ベンチでそこそこ速いのは、大容量キャッシュのおかげでしょうね。空き容量には余裕があったのですが、気まぐれで手元にあったIronWolf 8TB(新品)を追加。これが良くなかったみたい。翌日にBarraCuda 3台の稼働状況が「警告」になり、それ以降、超不安定になりました。ほとんど接続ができない状況で、Dashboardからも見えたり見えなかったり、ファイルをコピーしようとすると、すぐに接続が切れました。4台中3台のHDDのステータスに警告が出ていたので、不安定もやむを得ないところですが新品のHDD3個がほぼ同時に壊れるのは疑わしい。BarraCuda とIronWolfは回転数が違ったりする(5400rpmと7200rpm)ので、そのせいかもしれません。どんなHDDも混ぜて使ってよいと謳っていますが、混ぜるのは同じシリーズの容量違いくらいにした方が無難かもしれません。再起動を繰り返すうちにBarraCudaの1台に赤ランプが点灯。やむを得ず新しいBarraCudaと交換したところ、リビルドが開始されて、接続や書き込みについては安定しました。取り外したHDDをCrystalDiskInfoで確認しましたが、使用時間は約200時間。代替セクタ関連などを含め、悪いところはありませんでした。PCでフォーマットをかけてDroboに突っ込みましたが、即赤ランプが点灯です。シリアル覚えているのかな・・・何を理由にエラー判定(赤ランプ)されているのか、わからないのは困りものです(返品交換もできない)「警告」状態のものを2台使用中ですが、これもたぶん問題ないんだろうな。なんだかんだで、結局HDをたくさん買うハメになってしまった。データは失っていないけど、金のかかる機械です。2020/08/16 更新現在、BarraCuda 8TB 2台、IronWolf 8TB 2台の計4台で運用中。※BarraCuda1台に警告が出ています。5台体制で2台のHDDから警告が出ていたので、警告の出ている2台のHDDの内、1台を外して4台に減らしました。空き容量が十分にあれば、こんなことができるのもDroboならではなのですが、リビルドが半分くらい進んだところで勝手に再起動を繰り返すようになりリビルドが進まなくなりました。再起動を繰り返す場合の対策についてサポートページに説明があり、3つの方法が記載されていました。(これがよくある事例なのかよ^^;)1つめ2つめは効果なし。ユーザーができる3つめ最後の手段「RO(リードオンリー)モード」に設定できました。設定後再起動すると、リビルドが停止し、ドライブとして認識。Dashboardでもモニタできるようになりました。説明によると、この状態でデータを外部のHDDにバックアップしろとのことです。ROモードがダメなら、保証期間中はプリンストンが何とかしてくれるようですが、保障期間が終了した時のことを考えると恐ろしいです。中のデータもあまり見られたくないしね。現在、バックアップを始めましたが、リード速度は約40MB/s。12TBのバックアップには80時間以上かかる計算です。しかも約20~40分毎にハング(アクセスランプがつきっぱなしで接続が切れる)するので手動で再起動が必要なのでもう大変です。早くデータを取り出して返品したい。いつものセンチュリーにしとけば良かった。

【日本正規代理店品】Drobo 5C 外付けHDDケース(3.5インチ×5bay) Beyond RAID USB 3.0(Type-Cコネクター搭載) PDR-5Cはこちら

タイトルとURLをコピーしました