I-O DATA USB 2.0接続 2ドライブ搭載 外付ハードディスク 4.0TB HDC2-U4.0SB

I-O DATA USB 2.0接続 2ドライブ搭載 外付ハードディスク 4.0TB HDC2-U4.0SB

I-O DATA USB 2.0接続 2ドライブ搭載 外付ハードディスク 4.0TB HDC2-U4.0SB説明

以下に適合します: . モデル番号を入力してくださいこれが適合するか確認:転送方式:USBI/Fの有無:なし

コンパクトボディにハードディスクを2台搭載した、USB2.0/1.1外付ハードディスク。大切なデータを2台のハードディスクに保存できる「ミラーリング(RAID 1)」対応で、万が一の際にも安心。パソコンをより便利に快適に使えるアプリ群「IO.APPs」を無料ダウンロード可能。

I-O DATA USB 2.0接続 2ドライブ搭載 外付ハードディスク 4.0TB HDC2-U4.0SB口コミ通販

マック用に使用。旧機種の2Tタイプの買い換えです。レイド1で使用。スピード容量価格を考えば十分に満足です。ただ中心からファン無しで熱を逃がすタイプなので、暑い環境では使用しないようにした方が良いと感じました。基本的に民生用のHDは3年が耐用年数だと思います。

REGZA Z9000用に買ってしばらくたつが、すでに繋いでいる他の2TBのHDDよりアクセスも早く大容量(4TB)で満足。このまま壊れないでほしいところ。

購入後ストライピングモード(RAID1)にて使用。7とXP両方で使用したいので2TB区切りでフォーマット。HDC2-US1(1.99TB) / HDC2-US2(1.63TB)この状態でUS2の方へまず700GBのファイルを転送し半日辺りで転送が終了。ここまではよかったのですが、US1の方にファイルを転送し始めたら速度が全く出ず最初は100M/s前後なのが数分で3MB/s前後に。別の外付けでは数十MBで速度安定。速度低下後キャンセルを選択すると取り消していますの表示のまま数十分無反応に。速度が5MB辺りまで下がってくると外付けからヴーン、ヴーンと変な音がし始め、更にはアクセスできなくなったり中身が一時的に何も表示されなくなったりといろいろと恐ろしい現象が…。別の外付けで同じファイルを転送してみたところ安定した速度で転送が終わりました。20時間程しか使用していないのですが最悪です。4TBの外付けとして使いたかったのですが、片方しか使いものになりませんし、これ以上使ってたらファイルが消えそうで怖くて使えないです。【追記】2012/11/18メーカー公式のHDC2-U4.0S サポートソフト/ファームウェアから「HDC2-USシリーズ ファームウェアアップデータ バージョン1.08」こちらをダウンロードしてバージョンを最新に上げてみたところ不具合が全て改善されました。ヴーンヴーンという変な音も出なくなり、凄く静かになりました。最初からこうであれば★5でしたが、バージョンを上げなければ不具合だらけという所がマイナスで★4です。

1年半ほどミラーで使用していたが、突然、PCから認識できなくなった。メーカーに送付し確認してもらったところ、2ドライブでハードウェア故障が発生しており、2ドライブと内部基盤の交換が必要とのこと。2ドライブが同時に故障する確率は低いと考え購入したが、期待外れであった。

 速さがUSB2.0でも構わない用途ならばファンなしの本品 RAID 1対応 2ドライブ搭載 4.0TB HDC2-U4.0SBをお勧めします。静かで発熱も気になりません。同容量のI-O DATA USB 3.0/2.0接続 RAID 1対応 2ドライブ搭載外付ハードディスク 4.0TB HDS2-UT4.0も使っていますがファンありで、そちらは机の上に置くとファンの音はよく聴くと聞こえます。

I-O DATA USB 2.0接続 2ドライブ搭載 外付ハードディスク 4.0TB HDC2-U4.0SB

I-O DATA USB 2.0接続 2ドライブ搭載 外付ハードディスク 4.0TB HDC2-U4.0SBはこちら

タイトルとURLをコピーしました